« 2008年08月 | メイン | 2008年10月 »

2008年09月 アーカイブ

後輩から

巷では残暑とは言いながらも、過ぎ行く夏の終わりを惜しむ声が聞こえるこの頃ですが、水泳界にとってはお盆明けからがシーズンメインイベントの目白押しで、これからが本番を迎えます。

明後日から、日本水泳界でまちがいなく最高の盛り上がりを見せる大会、日本学生選手権(インカレ)が開催されます。国内大会ではダントツの盛り上がりです。完全に祭りですね。

先日のオリンピック後、自分がオリンピックに出場する夢を見ました。(現役のときもたまに見ていましたが、寝ているときの夢のことで、実力は程遠かったです)それ以降お盆明けが本番だったなと、少々昔を懐かしんでいた今日この頃、後輩からインカレ応援要請はがきが到着しました。私の母校は強豪校でしたが、全国1、2というレベルではなく、シード権という、インカレ予選会に出場しなくても無条件に本大会出場できる学校(私の当時は6校、今は8校ですか?)の枠を、行ったり来たりのレベルで、そのシード権を取ることが例年チーム最大の目標でした。

IMG_0207.JPG

最近聞いてびっくりしたのが、今の選手も私が住んでいたときと同じ寮を使用していることを知ったことです。寮母さん(1人)も同じだとか。私が住んでいた当時、身長189の私を筆頭に、似たような体格の大男が8畳間に3人暮らしていました。私の寝床は押入れを改造し、半身を押入れに押し込む寝方で、その佇まいは、ドラえもんのようでした。あのボロアパートにいまだすし詰めに住んで、後輩はオリンピックとか出場してるんだと思うと、感無量です。
健闘を祈っています。

911

今から7年前、私は現在とはまるで畑違いの職場に勤めておりました。
勤務形態は住み込みで、朝が早くて夜は遅く、途中休憩はありましたが睡眠の約5時間を除き、起きているときは全て仕事という環境にいました。仕事内容そのものは、非常に意義のあるものでしたので、労働の条件や環境とか、不満はありませんでしたが、一通りの仕事を終え自分の部屋(建物の3階にありました)に戻るときには精根尽き果ててバタンキュー、そんな毎日でした。

部屋には、父親がかつて入院したとき、退屈しのぎにと購入したポータブルTVを実家から借用して持ち込んでいました。眠りにつくほんのつかの間、そのアンテナをピンと張ってもザラついた小さな画像を、しばし観てから眠る・・そんな毎日でした。今日の丁度7年前、その寝る前のひと時に起きたアメリカの惨事は、あれから7年の歳月が過ぎた実感と、疲れた身体を忘れさせる衝撃的な映像を目の当たりにした記憶が、リアルによみがえります。

その住み込み状態は、2001年の1年限りでしたが、その1年を思い返すとき、忘れることができない出来事です。部屋に戻り、一日を終えた安堵の心情と、目を疑う悲劇的な光景を小さな画面から得、このまま寝ていいのか、明日は来るのかという交錯した感覚は、多分一生忘れないと思います。

私たちが販売する商品は、ガソリンの値段や、環境活動への貢献は時流で重要ですが、前提として平和でなければ成り立たないです。今日は、少しまじめにこの何年かを思い返しました。

名刺1000枚

こんばんは。
ご無沙汰となってしまい、反省、反省の毎日です。

実は、心情的にはご無沙汰でもなく、先日絵入りの、かなり力の入ったブログを書いたのですが、更新中にエラーになり、どこかへ消えてしまいました。きっとどこかにあるだろうと、パソコン内部などもさがしてみましたが、見つかりませんでした。どうやら、本当に消えてしまったようです・・物事に常は無いとは申せ、失った物をさがす→もったいない(なくなることで形成される価値?)、という考えに発展し、物事順序良く進めていくことの大切さを学びました。慣れ、過信も禁物です。

今日はオーダーしておいた名刺が手元に届きました。
オーダー数は、100枚だったのですが、1000枚届きました。どこかの段階で、桁を間違えたようです。予想の10倍もの名刺を目の前にし、今日からこの名刺をいかに有効に使用するか、考えるのが楽しくなってきました。

失った物から物の価値を知り、得た物から新たな目的を創造する・・大げさなようですが毎日そんな繰り返しです。

 

About 2008年09月

2008年09月にブログ「ボルボ・カーズ長野スタッフブログ」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2008年08月です。

次のアーカイブは2008年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。