« 2008年07月 | メイン | 2008年09月 »

2008年08月 アーカイブ

エアコン万歳

エアコンを部屋に設置し、部屋の過ごしやすさが格段に向上しました。最高に快適です。
これで夏の暑さは克服したともいえます。帰れば涼しいわけですから。外が暑いのは決まっているから、たいがいは我慢できます。その時に感じる暑さは公平ですし、自分だけ暑がるわけにいかない気持ちにもなります。

今日は午後から半日外出し、夕焼けを見たときに、秋を感じました。まだまだ一年で最も暑い日が続くのでしょうが、いくらか日没が早まり、その沈む方位が南西に傾いてきたことを知りました。明日は二十四節気のひとつ、立秋ですよね・・昔の人はえらいな、とも思いました。これでお盆を迎えると、一気に日が暮れるのが早くなったと感じるものですよね。

さて、ガラリ話題は変わります。最近のインターネットの普及はとどまることを知らない様相ですが、この度、ボルボ・カーズ・ジャパンオフィシャルページにおける、我がボルボ・カーズ長野のページを更新しました!(下記から新たなページをご覧になってください)インターネットが便利になることは、個人にとってメリットは多いですが、法人にとっては一長一短です。例えばオフィシャルページ内では、ボルボの全国のディーラーが検索できるようにリンクされていますが、現状はそのリンクがお客様から当社への、ファーストコンタクトになっていることが増えているのだそうです。そうすると、ちゃんとマメに更新している会社と、そうではない会社の差が発見されることになり、閲覧者の当初の印象として、販売店に対する評価に差が出てくる可能性があると思うのです。今の時代、情報は何でもタダで手に入るのが当たり前になっていますから、その状況を軽んじると、まずいのです。当社のHPもトップページはマメに(個人的には)見えますが、そうではないところは、まだまだ改善の余地があります。近々一部最新のニーズに合う形にしようと、新たな試みの製作中です。(ちなみに私は店の写真を色々撮っているだけですが)
乞うご期待です。その辺はまた紹介させてください。

ちなみに、今回オフィシャルページの更新後はこちら

一粒で300メートル

今日は中郷まで2往復して300㌔、その間塩尻(松本店)まで往復150㌔くらい?で計500㌔近く強行運転しました。高速に乗らない日が無いとも言える私ですが、今日は応えました。ご飯も食べ損ねました。
グリコのキャラメルは一粒で300メートルだったと思いますが、私の脂肪細胞のいくつかが、今日グリコーゲンに変換され、エネルギー源として燃焼されたことは間違いありません。

・・そう感じるのには、ご飯抜き以外にも、もうひとつあります。当社は12日の火曜日から16日の土曜日まで夏期休業をいただきます。それに伴い、店舗周辺を片付け始めていますが、今日はやらねばやらねばと、再三思っては一日伸ばしになり続けていた不要タイヤを片付けました。ご存知の通り、タイヤはホイルまで入れると結構重たいもので、特に当社で流通するタイヤは、一般の乗用車よりも大きいものが多く、重たいです。それら不要タイヤは、いつもアレーゼの勝本さんのご好意で場所を少しお借りし、約10セットほど行き来しています。運んだメンバーは、ボルボ・カーズ長野男子営業部全員。最大のタイヤサイズは265/75R16か17インチで一個30㌔はあろうかという代物を筆頭に、大きいものばかりでした。もっとも、店舗に密接した軒下に、運びきれずに一時放置されるタイヤなわけですから、普通のものであるはずがありません。朝一番、それらタイヤを大の大人4人がかりで、大汗をかきながら運びましたが、非常に良い運動になりました。最近歳を感じるようになり、特にスポーツクラブで、そこそこ運動しても汗をかきにくくなってきたことを感じる私にとって、滝のように流れ出る汗を感じたことは、非常に爽快でした。ただあと一歩で脱水状態にもなりかねないほど、最後は脚がガクガクしてきて、運動不足を感じてしまいました。

そのタイヤ運びは恒例行事なのですが、和気あいあいと単純作業に力を合わせる行為はとても気分が良かったです。また、腕力有り余る私個人としては、めったに出せないフルパワーを如何無く引き出せ、日頃の鬱憤・・?晴らしにもなったのでした。

今日の晩御飯は、いつもよりきっとおいしいと思います。

明日から夏休み

明日から夏期休業をいただきます。
8月12日(火)~16日(土)までの5日間です。ご不便をおかけいたしますが、何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

休み中の予定はこれといってありませんが、屋外の水の冷ためのプールを求めて出かけてきたいと思います。
昨年は県外のちびっ子スイマーチームが、誰の紹介か分かりませんが、私が夏場たまに行く、水の冷たい(屋外)プールで大挙して泳いでいて、結局家のすぐ近くのプールに行きました。プールの水温は泳ぎやすさから、屋内外問わず重要ですが、この時期の屋外プールの水温が適度に低いのは特別に気持ちがいいものです。夏休み中に何メートル泳げるか、童心にかえって通ってみようと思います。

それから泳いでみたいプールがいくつかあるので、この夏のうちに試してこようと思います。今の仕事になって方々外出するようになり、子どもの頃の、かすかに見覚えのある泳いだことのないいくつかの屋外プールを発見し、感心をそそられています。私のプール品評は、水質、水温、水の感覚など結構的確と自負しておりますので、特に遠泳好きの方、どうぞご相談ください。

やはり、外のプールで泳ぐことこそ、私にとって最高の楽しみなのです。

閉幕

北京オリンピックが終わりました。

個人的に最も印象に残ったシーンは、ボルト選手の9秒69と、19秒30。
時速で44キロだそうです。すごいです。私にとってオリンピックの楽しみは、人間離れした力、技に魅了されることです。4年で人類はどのくらい進歩しただろう、というサイクルが、ちょうど分かりやすいです。

最近車のプレゼンで、「直感的」という言葉が多用されている気がします。いいたいことは、良く分かるフレーズです。オリンピック競技の面白さは、いずれも「直感的」にそのすごさが理解できることにあるのではないでしょうか。
最も鳥肌が立ったのは、男子100メートル平泳ぎ決勝。今回のオリンピック競泳ヘッドコーチの鈴木さん(鈴木大地さんのコーチ。親子関係ではないです)が、以前、オリンピックとかで発揮できるパフォーマンスレベルは、本来持つ能力の約8割(7割だったかもしれません)と仰っていたそうです。それほど実力を発揮することが難しく、言い換えると異次元の競技力を整えておかないと勝てない、といいたかったのではないかと思います。北島選手の100メートル平泳ぎはまさしく、ボルト選手と同じレベル・境地であるといえます。間違いないです。なぜあんな力が身についたのか、全く理解できません。理論を超えています。

勝てば官軍。あまり良い言葉ではありませんが、有終の美を飾った競技団体と、そうでない競技団体の明暗が分かれる時期が訪れました。私の性格の悪さがにじみ出ますが、どんな批判が出てくるか、しばらく興味に尽きません。今朝は、選手村に入村しない競技団体の話題がありました。それで勝てるのならいいけど、勝てないのになぜその選択をしたのか、国を代表しているわけですから、批判は受けないといけません。どうしても出場したいけど、何かに恵まれずに出場が叶わなかった、無数の競技者の代表でもあるわけで、プロセスと結果の検証は重要です。日本代表という存在を、もっと特別なものにする必要があります。

ボルトとボルボ。
こじ付け、申し訳ございません。
XC60という車のニュースをお送りします。

 

About 2008年08月

2008年08月にブログ「ボルボ・カーズ長野スタッフブログ」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2008年07月です。

次のアーカイブは2008年09月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。