« 2008年03月 | メイン | 2008年05月 »

2008年04月 アーカイブ

国際政治力

なんて言葉が存在するのか知りませんが、北京オリンピックを目前に、物騒な事件が連続して発生しています。「平和の祭典」とも言われるオリンピックですが、最早政治やら、お金の絡みは、善悪の見極めをはるか超越して、存在してます。是非というよりは、不可避なのでしょう。きっと。
選手は、オリンピックならではというプレッシャーは、どんなときに感じるのでしょうね。まあ、スタート台に立ったら泳ぐしかないのは、どこの世界も一緒だと思います。邪念抜きにして、4年に一度の世界最高峰の競技会は、楽しみなものです。北京の水は重いか、軽いか、硬いか、軟らかいか。体験できる代表選手がうらやましい限りです。

swm.bmp
選考会が15日から開催されるようです。いまチケットを前売りしているんですね。私らのときは当日券で1,000円か1,500円くらいだったと思いますが、観覧者は関係者が多数で、サッカーや野球のように「水泳ファン」は少数派だったと思います。様変わりしてきているのですね。

今月に入り、暫定税率の期限切れを筆頭に、政治的混乱を国民が代償を払う格好になっています。何でもかんでも反対すればいいってものではもないのかも・・と、なんとなく伝わってくる現状です。それぞれのお立場で、信念のある対応なのだろうと見守りつつも、今後の方向性には、関心を持ちたいと思います。日本で唯一の聖火リレーも、成功を期待します。「平和の祭典」でありますように。

今日はお花祭りですし。

あなたは何派?

最近キーボードの打力?打圧?が上がったようで、カタカタ打っているうちに見る見る遠くへ移動していってしまううえに、部品の名称なんていうのでしょう?キーボードの奥側をかさ上げする2本の足、それが頻繁に折れてしまうものですから、試しに寝かせて(標準の状態で)打っています。これが打ちにくい!
体がすっかり、2本足が立っている状態に慣れてしまっているようです。「P」とか「W」が「C」や「N」よりも下ったところに配列されているかのような錯覚を持ちます(大げさではなく)。

何の気なしに2本足立てるのが習慣になりましたが、多数派はどちらなのでしょうね。平べったいほうが多いのでしょうか・・・
いまとなれば、高校のとき情報処理選択してよかったな~と思います。その頃はMS-DOSやLotus1-2-3でしたが、結構役立っています。現代社会でこれほどパソコンを利用する(特に自分が)ようになるとは、思っていませんでした。高校時代の授業の中で実践的に活かせている数少ないひとつです。

とまあ本日はキーボードのずれに、つい、いらだってしまいました。
これで終了するのは、あまりに落ち着かないので、動画をご覧ください。

新型V70の妙②

「妙」ではないのですけれどもすみません。

先日高速でV70 3.2のデモカーを回送中、東京方面に向かう品川ナンバーの新型V70が追い抜いていきました。ルビーレッドでした。その色を現車で見るのは、先日豊橋に行ったとき、積載車に積まれた2台のV70のうちひとつがその色で、印象的でしたが、ナンバーのついている車は初めて見ました。
私が運転していたのは、シーシェルメタリックでした。確か私のほうを振り返り、手を振るというか、指をさすというか、アクションを起こされていたと思います。もしかしたら「それ私!」という方もお読みかもしれません。

思いのほか良い色で、感心しました。
V70の上品さ、優雅な感じが際立つ色で、V70の持ち味を考え直すほど(良い意味で)新鮮な印象を持ちながら、颯爽と走り抜けるその車両を見送りました。ただスピードはほどほどに・・

70.bmp
この色


イベント。
C70.bmp

最近ボルボのウェブのデザイン傾向が少し変わった気がします。
個人的にはもっとエキサイティングに変更してもいいとは思っています。

定休日

あっという間に1週間が終わりました。
土日お休みの方には、月曜日は仕事が始まる日になりますが、当社の場合は火曜が定休日なので「週末」となります。

考えてみると、この定休日って働く私たちにとっては、とてもありがたい日です。決まった日にお休みをいただけると、生活習慣、サイクルが組み立てやすくなります。時代の流れから年中無休で、年末年始もフルオープンは、おそらくニーズとしてはあるのでしょうけれども。

そんな中で、決まった日にお休みをいただけることに、少なからず気まずさを感じながらも、感謝の気持ちでお休みをいただいております。

休めるっていいことですよね。

選考会はじまる!

いよいよ北京オリンピックの選考会が始まりました。

派遣標準記録を切り、2位以内に入ると代表決定という極めて分かりやすい選考基準です。
4年に一度の選考会ともなると、さすがに全体的記録レベルと、優勝タイムのレベルがグンと上がっています。

ただやはりというか、代表レベルの選手は固いですね。今回は特に2重にカタいです。
まずひとつは、下馬評通り。
記録相手の種目は、波乱がまずありません。どれほど僅差の勝負でも、明確な序列があります。もちタイムが早い人から順に、順位がつき、まぐれは無しです。
もうひとつは、硬いです。泳ぎが硬いです。きっとどうしようもなくプレッシャーがあり、代表選考に向けて背負っているものが、大きすぎるのだと思います。
観ていると胸が熱くなります。そんなプレッシャーもまた、選ばれた者のみぞ知る境地なのでしょう。

別の見方ですが、一昔前は、選考会に年間スケジュールのピークを迎えてしまい、その時点で世界ランク1位という、とてつもない水準の記録で本番を迎る選手が時々いました。今回の選考会を見ていて感じるのは、あの優勝者達の硬さは、本番での成功を視野に入れた選考レースなので、なおさら緊張の度合いが増しているのではないかと推測しています。選考会で、取りこぼすわけにはいかない。つまずくわけにはいかない。ピークはオリンピック本番。そのために4年間を費やしてきた・・というような。

会場の辰巳国際水泳場も通常の逆サイドと、飛び込み台のプールの上に仮設スタンドが設置され、競技がNHKで20:00からというゴールデンタイムで生中継をし、様変わりを感じます。

桜並木

この前、全国的に桜の季節を迎えるようになった頃ですが、桜の木職人のような方がインタビューを受けていて、「染井吉野」が嫌いなようなことを仰っていました。

というのは、日本全国津々浦々には、本来地域に根付いた自然の桜があり、春になると山々で、それこそ色とりどりの桜花が咲き乱れていたそうです。それが、染井吉野という、日本の桜を象徴するような桜の存在が確立されて以降、日本の春の景色はどこも単色になってしまった、と語っていました。

私自身は染井吉野の桜の色は本当に美しく感じます。日本人が春の到来を歓迎し、桜を尊ぶ所以は、冬・厳・死から春・楽・生へと移行する、日本独自の桜に対する思い入れ、その精神的賛美から独自の美の観点を持っていると感じています。無論きれいなものはきれいで結構、なのですが、この桜が美しく感じる精神は、日本人にしか持てない観点があるのではないかと、常々感じながら桜を眺めています。そんな私ですが、冒頭の職人の語りには、大変衝撃を受ける内容でした。確かに身の回りの山々(長野県民ならではです)には、小さな桜の木や古木、いろいろな色で咲く春の花があることに気づきます。

今年の桜は、見ごろを迎えるや風雨に見舞われ、気温も不順で春光のなかゆったりと桜の花を楽しむ前に、散ってしまいました。残念であります。

虫の息

もとい、虫の声がします。
リンリン言っています。

昨日に続き、今日も気温が上がりました。
空調がまだ暖房の設定なので、日中窓、扉を開けて換気をしましたが、入りこむ虫が多いこと。

そして夕暮れ時からは、リンリンと虫が鳴いています。
たぶんコオロギ系です。
葉桜となり、季節は夏になりました。手紙の書き出しには気をつけないといけません。(そう書きもしませんが)

当店の冷房稼動初日は、30日業者の定期点検を兼ね、切替を行う予定です。(暖房と同じ機械なのです)
例年は自分で切替えてしまうのですが、定期的にメンテナンスを行わないと困ることがあるとわかり、今回は点検を含めます。
したがって、店内がしばらく暑い日があることも予想されます。
でも、気温が上がり、不快に感じたら、すぐに冷房に切替えます。
私は常人よりかなり暑がりなので、その辺はお任せください。

レインボーブリッジを封鎖せよ!!!!

踊る大捜査線はフィクションの中でレインボーブリッジを封鎖しました?

今日の長野市街地は、「これぞ封鎖」とため息が出るほど、厳戒態勢の状態でした。少なからず感動を覚えるほどでした。
またその結果、冷や汗を流しまくった営業マンが、きっと無数に居られただろうと推察します。皆様お疲れ様でした。

かくいう私自身、今日の物々しさは予定が狂いまくり、今に至っております。
あれほどの厳戒態勢を目の当たりにすると、明日の聖火リレーはきっと次国に繋げられるものと思います。逆にあれほどの警備のなか、何か起こりようものなら、何しても防げないだろうな、位の状態です。いい経験をさせていただきました。

IMG_0002.JPG

今日の中央通です。奥に見えるのは善光寺です。この景色はいつも通りでした。
出発地点が一本西側の大通りに移ったため、隣の通りは警察、報道、その他騒然としていました。当初の予定通り出発が善光寺であったら、今日この写真は撮れなかったと思います。

そのせいか、今はとても静かです。
気味が悪いくらいです。
明日は、平和の祭典たる行事として、世界中に良い記憶に残るリレーができることを祈っています。

 

About 2008年04月

2008年04月にブログ「ボルボ・カーズ長野スタッフブログ」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2008年03月です。

次のアーカイブは2008年05月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。